40代以降の薄毛

40代以降の薄毛の原因について

40代の薄毛は何が原因か?

 

40代になってくると、「薄毛」に悩む人は、男女問わず増えてきます。これは「加齢」によるところが大きくなるからです。
女性の場合、女性ホルモンであるエストロゲンの減少が起こります。このエストロゲンは、髪の毛の生育に欠かすことのできないホルモンです。これの量は、10代後半から20代をピークに、ジョジョに衰え始めます。特に30代後半からは急カーブを描くようになり、50代に入ると、「減った状態」で推移し続ける、と言われています。

 

 

40代の薄毛を食い止めるために

 

40代の薄毛を食い止める方法は、基本的には「ほかの世代の薄毛を食い止める方法」と一緒です。睡眠を十分にとり、頭皮マッサージを行い、食生活を見直します。

 

また、「シャンプーはそれであっているかどうか」を見直すことも重要です。特に、20代や30代のころと同じシャンプーを使っている、という人は要注意です。世代にあったシャンプーというものが存在しているのは、世代によって髪の毛の質が変わってきているからです。若いときと同じシャンプーを使っていると、逆に髪の毛を痛めることにもなりかねません。一度は見直してください。

 

また、それでも状態が改善しないようでしたら、早めに病院の門をたたいてみてくださいね。