はげ対策 自力で頑張る派vs専門家に頼る派それぞれの利点・欠点

はげの対策を知る

はげの対策、方法論の話

「はげをどうにかしたい」と考える人に、まず選んでほしい選択肢があります。

 

・病院に行く
・自力で頑張る

 

病院に行く方法には、大きく分けて2通りあります。1つめは、薬(塗り薬や飲み薬)を使う方法です。
この場合、一般に市販されているサプリメントなどよりもはるかに強い効力を持つものを利用することができるため、「進行を遅らせる」だけでなく、「育毛を期待できる」と言う効果もあります。

 

もう一つは、植毛や増毛などを考える方法です。これらは確実性が高く、即効性もあります。ただ、お金が非常にかかること、場合によってはメスなどを使うことになることが、大きなデメリットです。

 

自宅で行う、という人に

ただ、はげの問題はデリケートなことです。病院の方が確実性が高いとわかっていても、実際には足を運ぶことを躊躇する人も多いのではないでしょうか。
また、統計をとったわけではありませんが、薄毛が気になり始めた段階の人というのは、「まだそんな段階じゃない」とハードルを設ける人が多いように思われます。

 

このケースの場合、自宅で対策をすることになります。
代表的なのが、頭皮改善のシャンプーに切り替えたり、育毛剤を使ったり、サプリメントを飲んだり、マッサージを行ったり、という対策でしょうか。
これらは病院での診察に比べて確実性は劣るものの、比較的安価で取り組むことができ、心理的抵抗感が少ないというメリットがあります。